トップページ

糖鎖「シアル酸」

アナツバメ巣発酵液

お問合せ

会社概要

製品名「Le bois(ル・ボア)アナツバメ巣発酵液」


用途 食品用原料
生産国 日本製
原材料名 水、アナツバメ巣発酵液、酢酸Na、
(保存料)ポリリジン
※合成保存料は使用していません。
容量 500ml
この「Le boisアナツバメ巣発酵液」は、「アナツバメの巣」由来の食品用原料の中では、「シアル酸(N−アセチルノイラミン酸)」の含有率が群を抜いており、安全性が確認され、2015年6月に世界146か国に向けて国際特許の出願を行いました。
標準栄養成分(100g中)
エネルギー 6.00kcal/100g
水分 98.00g/100g
たんぱく質 0.60g/100g
脂質 0.10g未満/100g
灰分 0.40g/100g
炭水化物 1.00g/100g
ナトリウム 177.00mg/100g
食塩当量 0.45g/100g

「シアル酸」高含有原料


「Le boisアナツバメ巣発酵液」は、独自発酵技術により業界最高値の「シアル酸(N−アセチルノイラミン酸)」含有率を実現しました。

「シアル酸」含有率は、「N−アセチルノイラミン酸」として7.00%以上〜最大で
40.00%以上までの含有率が確認できました。

今後、化粧品原料、食品原料として、期待できる素材です。

[検査機関] 株式会社 東レリサーチセンター

バランスのとれたアミノ酸組成


「Le boisアナツバメ巣発酵液」には、豊富なアミノ酸が含まれています。
また、ヒトが生体内で作りだすことのできない必須アミノ酸が全て含まれています。

[検査機関] (財)日本食品分析センター

美容と健康に役立つビタミン組成


「Le boisアナツバメ巣発酵液」には、ビタミンBの一種である「イノシトール」が特徴的に多く含まれている。
この「イノシトール」は、脂肪肝を防ぐ働きや、記憶力や集中力の低下を防ぐ働きがあります。
また、美容と健康には欠かせない「ビタミンC」も多く含まれています。

[検査機関] (財)日本食品分析センター

「Le boisアナツバメ巣発酵液」の安全性


◆ 安全性の高い機能性食品原料

≪ 急性経口毒性試験(LD50)≫
「Le boisアナツバメ巣発酵液」のLD50は、2000mg/kgを超えるものであると評価された。

[検査機関] (財)日本食品分析センター


◆ 有害不純物を一切含まない

≪ 残留農薬・重金属 ≫
残留農薬260種類、重金属11種類、全て検出されなかった。

[検査機関] (財)日本食品分析センター